スタッフ紹介

矢田康人(言語聴覚士. オンライン吃音相談主宰)

北里大学卒。首都大学東京大学院(現東京都立大学)にて吃音の神経科学研究に従事し修士号を取得。          日本鋼管病院耳鼻咽喉科の音声・吃音外来の立ち上げに参画し約6年間勤務。

その後都内耳鼻咽喉科クリニックにて新たに吃音外来を立ち上げ、現在も勤務している。

現在は各所で月に100名程度の指導を行っている。幼児から成人まで幅広い吃音支援に対応。

リッカムプログラム講習会受講済み。

 

白石紗衣(言語聴覚士)

愛知淑徳大学を卒業し、言語聴覚士免許取得。

一般病院吃音外来で吃音のあるお子さんの訓練・支援に従事。その後大学院進学のために退職。

現在は小児の発達専門クリニックに勤務。 吃音当事者。

 

湯浅美琴(言語聴覚士)

 

北里大学卒。総合病院、発達障害専門クリニック、市の発達支援センターにて発音指導や吃音支援、発達障害のあるお子さんの言語およびコミュニケーション指導、発達が心配なお子さんの相談業務に従事。2時児の母でもある。認知神経リハビリテーションが専門。第20回認知神経リハビリテーション学会学術集会 奨励賞受賞。

リッカムプログラム講習会受講済み。

 

宮尾朱音(言語聴覚士)

北里大学卒。 医療型重症心身障害児者施設に勤務。医療ケア児の嚥下評価および食事の調整、コミュニケーション支援に従事。外来ではことばの発達支援や発音の指導なども行う。

リッカムプログラム講習会受講済み。